ブログ

  • 2017. 09
    04
    2017. 09. 04

    現場でのパン焼き

    ブログ
    マンガ

     

    こんにちは、
    パン焼き担当の山本です。

    わたしはもともと左官をしたりタイルを貼ったり
    現場で施工の仕事をしていました。

    それが山の上でパンを焼くことになり、
    薪窯ができるまでは、現場で働きながらパン焼きの練習をしていました。

    パン焼きに関して、最初は本当に何も知らず
    今思うと無茶苦茶な失敗ばかりしていました。

     

    この電気カンナ箱、馬場さんが譲ってくれて
    今は我が家の本棚となっています

    まさかこれがパンだとは、、、

     

     

    こんな風にパンを焼いていました。

    田町のピザ屋 FUNICULI FUNICULAの窯を借りました
    ちなみにパン生地こねていた現場は、銭湯をリノベーションした居酒屋 分福です。

    田町には、研究所が施工したユニークな飲食店がたくさんあるのでぜひぜひ!