山の上ベーカリーについて

山の上ベーカリーは大関商品研究所がつくる薪窯パンの店です。
大工仕事からパン焼きまで全て自分たちでするからこそできる心躍るパン屋があるはず。
建物について、薪窯について研究し、今日もパンを焼いています。

大関商品研究所では、誰も近寄らなくなってしまった古い建物を大胆なアイデアとユーモアで、 新しい魅力あふれる物件にリノベーションする仕事を行っています。 木の上のツリーハウスや、古い銭湯をリノベーションした居酒屋、シェアハウスのバウハウスシリーズなど、 これまで様々な飲食店やシェアハウスをつくり、運営して来ました。 「何でも自分たちでやる」とういう信念のもと、建物をつくるだけでなく運営まで行っているのが研究所の特徴です。

なんじゃもんじゃハウスの内装 なんじゃもんじゃハウスの内装 なんじゃもんじゃハウスの内装
ベーカリー棟の内装

山の上ベーカリーは、横須賀の山の上で薪窯パンを焼いているベーカリーカフェです。 パン屋を営むには便利とはいえない立地で、何をするにも一苦労する崖の上で、 古い家を手間ひまかけ修繕し、レンガを運び薪窯を作ってパンを焼く。 とても効率的ではないけれど、こういった環境だからこそできる研究所らしいパン屋があるはず。 アイデアとユーモアあふれるパン屋を目指し、日々薪に火を焚べています。

ベーカリー棟の内装 ベーカリー棟の内装

会社概要

なんじゃもんじゃハウスの外装
会社名大関商品研究所
設立平成13年 3月 9日
代表者大関 耕治
住所〒108-0014 東京都港区 芝5丁目 25-7 6F
TEL/FAX03-3457-6522/03-6809-6983
E-mailinfo@ozekilab.jp
URLhttp://www.ozekilab.jp
事業内容飲食店舗運営事業